まこ先のきまぐれラクダ日記

mac04.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

プレゼン2(No.399)

b0013635_18342445.jpg 明日は参観授業。身の回りの環境問題について調べたことをプレゼンにまとめて、家の人たちに聞いてもらう。今日はリハーサルをしてみたのだが、スクリーンに資料を写しながら話すという経験が初めてなので、なかなか前を見て、聞いてくれる人たちの反応を確かめながら話すということができなかった。また、資料に出ている文字をそのまま読むだけという場面も多い。指導のステップは細かくあるのだと思うが、今回は、とにかくつくって発表したという経験をまずしたということが大切なのかな。それだけに、どの程度自分の思いをまとめられたか、どの程度伝えられたか、何が足りなかったか、といった振り返りが大切になると思う。4つのグループに分かれて行うので、9人ずつくらいの友だちから評価をもらうことになるが、一緒に見てもらう保護者からもいろいろ指摘をしてもらえるといい。
[PR]
by mac04 | 2006-02-24 18:34 | 教育

マイタウンマップコンクール(No.398)

 平成17年度の第12回マイタウンマップコンクールで、最高賞の内閣総理大臣賞に笹原先生のクラスの「大豆がささえるわれわれのくらし」が選ばれました。同じ富山情報教育研究会の一員として、大変うれしくもあり、誇りにも思います。笹原先生、本当におめでとうございました。
 毎年、年度初めには自分も挑戦してみようという気持ちがないわけではないのですが、なかなか日々の忙しさに負けてしまって、初心を持ち続けることができません。1年を通して、子供たちと活動してきたことを地道にWebとしてまとめ続けていく努力には本当に感心します。
 素晴らしい作品を参考に、来年度こそは、と思いをあらたにする今日この頃です。
[PR]
by mac04 | 2006-02-23 21:17 | 教育

プレゼン(No.397)

 総合的な学習のまとめにプレゼンテーションに挑戦している。1,2学期と取り組んできた庄川についての学習が「水みらいプロジェクト2005」で一段落してしまったので、視野を広げて、地球規模の環境問題について調べさせてみたのだが、どうも実生活とのつながりが弱く、知識や言葉だけが上滑りしている。これでは、実のあるプレゼンにならないなあ・・・と思いつつも、ま、4年生で経験しておくことも大事かな、ということで割り切って、土曜日の参観授業で家族に聞いてもらうことにする。あまり親心を出さずに、いろいろとつっこんでもらえると、子供たちの振り返りになるのだがなあ、と思っているが、どうなることだろうか。
 初めての経験なので、どうしてもアニメーションGIFを貼り付けて楽しんだり、音を鳴らして喜んだりと、そういうところばかりに目がいって時間がかかってしまった。今日は横の友達と見合って、評価カードを使って評価しあう予定だったが、それができたのは2組(4人)だけ。どういう形で納得させつつ切り上げるか、ちょっと悩ましく思っている。
[PR]
by mac04 | 2006-02-22 22:46 | 教育

京都2(No.396)

b0013635_2155329.jpg 左の写真は北野天満宮の紅梅。梅苑のほとんどの梅はまだかたいつぼみだったが、何本かは咲いているものもあった。季節は確実に春に向かっているということだろう。嵐山のあたりは、風があるとまだ肌寒かったが、それでも「身を切るような」寒さはもう終わったように感じた。北陸道を帰ってくると福井県に入ったあたりからまた雪が多くなってきたけれど、それでもあたりの様子はなんとなく春に向かっていると感じる。
 教員の人事異動などもそろそろ動きが始まるのだろうか。教育事務所の再編問題などでいろいろもめていることもあるのかもしれないが、4月から新しいスタートが気持ちよく切れるように、今年度の仕事をきちんと片づけないといけないなあ。一生懸命に授業を進められるのもあと2週間くらいだ。
 
[PR]
by mac04 | 2006-02-19 22:08 | 日常

京都(No.395)

 公民館役員の研修で京都に出かける。学期末近くのこの時期に土日がつぶれるのは少々つらいが、今度の役員改選で役目を解いてもらうようにお願いしている手前、6年間一緒に仕事をしてきたみなさんにお礼の意味も込めて出かけることにした。まあ、忙中閑あり、でのんびりとお寺など回ってくることにする。帰宅は日曜日夕方の予定。
 夕べはとても気温が低くて、路面が凍結し、家に帰ってくるまでに田んぼに落ちている車を2台と事故を1件目撃した。今朝もとても寒いので、バスがスリップ事故に遭わないことだけ祈っている。北陸道には「魔のカーブ」があるのだ(もっとも砺波から京都方面に向かうときには通らないのだけど)。
[PR]
by mac04 | 2006-02-18 08:04 | 日常

教組(No.394)

 富山県教組の定期役員選挙が来週行われる。それに先だって、今日、砺波支部から立候補した先生方の決起集会があった。現委員長の広橋先生(出町中学校分会)がそうであるように、砺波支部は組織率からいっても人材的にも、県教組を支える非常に大きな基盤となっている。今回も、書記次長と専従執行委員を立てることになった。現場を離れての仕事は大変だろうと思うが、誰かがしなければならない仕事だけに、がんばっていただきたいと思う。できる限りの応援はしたい。選挙ということで対立候補ももちろん出る。県教組の中にも路線の対立はあって、現日教組体制支持の主流派と共産党系(と言っていいのかどうか分からないが)でより主張の激しい反主流派だ。非常に組織率の低い富山市で組合活動を熱心に行っている先生方はどちらかというと反主流派ということになるようだ。とはいえ、どちらも目指すものは同じであるはず。選挙自体の意味を否定するわけではないが、無用な対立をしないで協力し合って活動できるとよい。そのことが富山市の組織率を上げることにもつながると思うのだが。
[PR]
by mac04 | 2006-02-17 22:49 | 日常

よふかし(No.393)

 もうすぐ午後10時になるところだが、ぼくの仕事部屋の中では、後ろで娘がピアノの練習をしているし、横では次男がパソコンでオンラインゲームをしている。子供たちがだんだん夜更かしになってきているなあ。まあ、最近の子供たちは10時前に寝ることなんてあんまりないらしいけど。中学生の次男はともかく、小学生の娘はやはり9時間くらいは睡眠をとらないといけないのだけど。早く寝るように言おう。
[PR]
by mac04 | 2006-02-16 21:46 | 日常

クラブ活動(No.392)

 今日の6時間目は、今年度最後のクラブ活動の時間。3学期は3回しか活動がなかった。以前は毎週1時間ずつあった委員会活動とクラブ活動が、交代で隔週に行われるようになったのは何年前からだったろう。教科の授業時数確保のためだとは思うが、どれもこれも中途半端になっているような気がする。
 ぼくが担当するコンピュータクラブは、名刺づくりとオリジナルメモ帳づくりに取り組んだ。フリーのソフトも増え、費用をかけずにいろいろな「活動ができるようになったことはうれしいことだ。本当は、一昨年のPC室リプレイスの際にまとめて入れた「Photoshop Elements」をもっとがんがん使って創作をしたいのだが、45分間ではなかなかまとまった作業ができない。また、隔週になるので、次回へ続く・・・というのは意識の継続が難しい。どうしても、簡単な活動にならざるを得ない。そんな中で、スズキ教育ソフトがWebで提供している「キーボー島アドベンチャー」というタッチタイプの検定サイトは、クラブ活動の枠にぴったりだった。それだけで、全部の時間をあててもいいくらいだ。こうした楽しくためになる教材サイトがもっと増えてほしいものだ。
[PR]
by mac04 | 2006-02-15 21:07 | 教育

満月(No.391)

 今日は素晴らしい快晴の天気だった。北陸の冬にはこれほどの天気は珍しい。折しも月齢は14.5の満月。午後9時現在、東のかなり高い空に煌々とまあるい月が光っている。正確にはちょうど満月になったのは今日の14時頃で、今はこころもち右側の方の輪郭がはっきりしていない。すでに欠け始めているのだ。
 夕方の6時頃だったろうか、職員室から見ると、東の低い空に赤い満月がとても大きく見えた。これまたとてもきれいだったが、確かになんとなく不吉な気配も醸し出していた。
 忙しかったせいと、天気が悪かったせいとで、こんなにゆっくりと月を見ていたことは最近なかったと思う。忙中閑あり。心のゆとりを大切にしたいものだ。
[PR]
by mac04 | 2006-02-13 21:01 | 日常

免許更新(No.390)

 朝7時50分頃に家を出て、富山市針原の運転免許センターに向かう。案内のハガキでは受付が9時からとなっていたので、10分前に行けば余裕かなと思っていたが、なんのなんの。15分ほど前に着いたときにはすでに駐車場は満車。受付が始まるどころか、もうどんどん更新作業が進んでいた。日曜日は混雑するから早めてくれるのはありがたいが、だったらそういうふうに案内してよね!という感じ。一体、いつ頃から始まっていたのだろう。3年後の更新時には、もうちょっと早めに行ってみよう。
 2時間の講習を受けたが、そこで見せられた2本のビデオはなかなかよくできていた。子供たちの安全教育にも使えそう。OHP、実物投影機、大型プロジェクションテレビなどを駆使しての講習はよく考えられているのだろうけど、せっかく豊富なIT機器があるのだから、もう少し、提示するものの特性に合わせた使い方をしてほしい。色のはげたTPシートを見せて、「後ろの方は見えにくいかもしれませんが・・・」なんて言ってないで、見えるようなプレゼンにすればいい。伝えるべき内容と道具はあるのだが、伝え方は今イチであったなあ・・・と他人事ながら感じた。
[PR]
by mac04 | 2006-02-12 22:14 | 日常
line

小学校教師のつぶやき。昔は情報教育についての話題も発信してました。


by mac04
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30