まこ先のきまぐれラクダ日記

mac04.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

3月の終わり(No.209)

 今日で3月も終わり。午後からの職員会議で、担任発表があり、来年度の担任学年が決定。その後、校務運営委員会があって、主な学校運営組織が固まった。研究主任は引き続き続投ということになり、気合いを入れ直す。情報教育担当もかわらず。「国語と情報」という個人的な研究テーマは17年度も継続だ。
 さて、3月の反省を。
---------------
1 毎日blogを書く
2 情報教育を進める立場からの提案を毎月2回
3 学期に1回は重点的に取り組む国語の単元を設ける
4 ケーブルテレビの番組を月1本のペースで
---------------
1は、抜けた日が結構あり、達成率70%程度か。飲み会が多かったこともひびいている。
2は、アンケートをとり、結果を一部フィードバックできたことなどにより達成。
3は、結局3学期には達成できず。×
4は、撮影とキャプチャーまで行ったが、編集作業にまではかかれず。△
トータルとしては、55%程度の達成率だ。やはり年度末はいろいろ片付け仕事などに追われてしまう。しかし、それを言い訳にしていては、4月も同じテツを踏むことになりそうだ。明日からまた1からスタートし直そう。その意味も含めて、スキンも新しく変更した。 
[PR]
by mac04 | 2005-03-31 21:20 | 日常

校内人事(No.208)

 夕べの送別会は4次会が終わったのが午前1時頃。そんなに盛り上がらなくてもいいのに、と思うくらい飲んだ。例によって今日は二日酔い。
 3次会ではカラオケハウスに行ったのだが、全く歌を歌わずに、来年度の学級担任はどうなるかという大予想大会で2時間使ってしまった。
 9人でそれぞれ考えてみたのだが、驚いたことに一人も同じ予想をした者がいない。つまり、みんなそれぞれバラバラの予想をしたわけだ。わずか9クラスの小さな規模の学校で、持ち上がり担任もある程度は考えられるのに、それでもみんな違っていた。実はそのくらい、今度の担任構成にはいろんな要素がからんでいるのだ。それぞれの考えを一覧表にしておいた。明日の午後からの職員会議で発表されるようだが、自分がどうなるかという心配もあるけれど、だれの予想がぴったし当たったかというのもとても気になる。
 個人的には、情報教育的な実践をあまりできないという理由で、低学年の担任はもう外してほしいなあと思っているのだが、どうなることやら。
 明日で3月も終わり。日直当番でもあることだし、しばらくぐうたらしていた生活を引き締め直してしっかりと終わりたいものだ。
[PR]
by mac04 | 2005-03-30 22:31 | 日常

教育の情報化等に関する実態調査(No.207)

 文科省から、タイトルの調査が今年もきている。午前中はこの調査の回答で終わってしまった。総数と内訳の合計が合わないとエラーが出るので、思い出し出し記入しているといつまでたっても終わらないのだ。本来ならば、パソコンの数や種類と設置場所くらいはきちんと書類にまとめておけばよいのだろうが、移動することも破損することもあり、なかなかきちんと書いておくということができない。結局、この年度末に学校中回って確認するという、いつもながらの状況に陥ってしまうのだ。
 うちの学校では、今年度コンピュータ室のリプレースがあり、教師機やサーバも含めて36台の新しいマシンが導入されたので、環境的にはほぼ2005年の目標に近づいている。
 パソコンを使えない教員もいなくて、職員室では100パーセント各職員の机の上にノートパソコンが載っている。
 それでも、授業の中でのIT活用が進んでいるとは、まだまだいえない状況だ。調査に答えながら、来年度の方策をいろいろと思いめぐらす時間となった。
[PR]
by mac04 | 2005-03-29 15:24 | 教育

片付け(No.206)

 学校は春休み。しなくてはいけないことは、実は山ほどあるにもかからず、こちらの頭の中も春休み状態で、どうも手につかず。とりあえず、荷物の整理や教室の片付けなどをこなす。この時期になると自分の整理能力のなさをあらためて実感する。あちこちにこっそりと目立たないように放置しておいたものがけっこうあって、捨てるべきか残しておくべきか考えながら片づけるものだから効率の悪いことこのうえない。
 明日は送別会だから午後からはいろいろと準備もあるだろう。午前中のうちに、文科省からの教育の情報化に関する調査を仕上げておかないと・・・。
 来年度の情報教育にかんする研修計画や各学年のカリキュラムの見直しもしたいし、やっぱり、しなきゃいけないことは山ほどある。早く担任の学年が分かるとうれしいのだけどなあ。
[PR]
by mac04 | 2005-03-28 17:56 | 日常

提出物(No.205)

 子どもたちは25日から春休み。ぼくは年休を取っていたのだけど、提出諸帳簿がいろいろと残っていたので、朝から出勤して片づけた。何とか指導要録は午前中に提出ができ、午後からは学級運営の反省やら授業時数の記録やら出席簿やらを提出した。夕方までには一通りの事務を片付け、それからは送別会の準備。転・退任される方への招待状や、退職される校務助手の方へのアルバム作りなどをした。いやあ、よく働いた。
 夜は公民館の幹部役員会。来年度の活動概要を相談した後、懇親会。例によって飲み過ぎだ。
----------------------------
 26日は、長男の誕生日なので、次男の中学入学祝いも兼ねて、金沢までお出かけ。金沢21世紀美術館を目当てに出かけたのだが、現在は展示品の入れ替え期間で、有料エリアは休館中。ちょっとがっかりだったが、館内の無料エリア部分や周辺は歩くことができたので、雰囲気は味わえた。バッティングセンターやボウリング場などを回って夕方帰宅。春休みの家族サービスは、これでおしまい。
[PR]
by mac04 | 2005-03-26 17:57 | 日常

異動(No.204)

 富山県では、今日の午後から異動の内示がある。先日のD-proでは、もう分かっていた人が何人もいたので、県によって事情がいろいろ違うのだろう。発表前なので、公開はできないけれど、来年度のいろいろなことを早めに準備するためには、もう少し早く発表してもよいのではないかなと思う。
 19:00から市役所で砺波コミュニティテレビ地区特派員の意見交換会。来年度も地区の情報を番組として出していくことになる。そろそろ誰か代わってくれないかな。
[PR]
by mac04 | 2005-03-24 12:54 | 日常

文溪堂さん(No.203)

 放課後、文溪堂の森さん来校。モニター用に貸し出してもらっていた「チャレンジ漢プリっこ」についての意見交換。「漢プリっこ」は新教科書に対応した2005年版が発売され、機能も増えているということで、そちらのデモも兼ねて来てもらった。モニターといいながら、2年生や4年生以外の学年ではあまり十分に活用できずにいたので、ちょっと申し訳ないところもあったのだが、来年度から「スキル学習」のための帯時間(5時間目の前の10分)が日課に位置付くことになったので、そこでの利用を視野に入れて、もうちょっと活用してみたいと考えている。教科におけるIT機器利用の一つの例にもなると思うので、少し強力に先生方に利用をプッシュしてみたい。
---------------------
07:20出勤 16:00文溪堂の森さん来校 19:00退勤
[PR]
by mac04 | 2005-03-23 23:31 | 教育

3学期もあと2日(No.202)

 3連休明けで、なんとなくぼおーっとした1日だった。職員会議も生徒指導研修会もあったのだが、今ひとつ切れのない話し合いで、時間ばかりかかった。どうもわれわれも年度末の落ち着かない時期に入ったようだ。気がつくと今年の授業日もあと2日だけ。最終日は修了式などで終わりだから、実質あと1日というところか。
 授業時数はほど計画通りに確保できたようだが、内容がきちんと定着したかどうかが肝心。4月に入ってすぐに行われる、全県一斉の学力調査で、その一端が表れることになる。春休み中の宿題を出そうかなあ・・・。
[PR]
by mac04 | 2005-03-22 22:03 | 日常

D-pro春の公開研2005(No.201)

 デジタル表現研究会(通称D-pro)の春の公開研究会が今年も東京で行われた。19日はコアメンバーによるTOP会議と、必要のあるプロジェクトのオフミや講習会などがあり、20日が公開研究会である。公開研には250人ほどが参加したということだが、修了式前のこのくそ忙しい時期にはるばるお金を払ってやってくる人々は、やはり並大抵な覚悟ではない。どん欲にいろいろなものを吸収しようとしておられた。
 自分は、デジタル表現コンテストのプロジェクト発表の中で10分ほど実践を話し、その後のワークショップで来年度のコンテストテーマを相談するときのグループ内での司会役だったのだが、残念ながらコンテストプロのワークショップに参加してくれた人の数が少なくて、グループ分けする必要がなく、みんなでわいわいと意見を言い合って終わった。おもしろいアイデアがたくさん出て、来年度のコンテストも盛り上がりそうな気配である。
 2日続きの会議と懇親会、早朝のプレゼン作成など、いろいろ体的にはきついスケジュールだったが、参加者の熱い思いとたくさんのアイデアにかこまれて、充実した2日間だった。
 今日は午前の飛行機で帰ってきたが、午後から仕事をする気力がでず、ぐうたらと昼寝をして過ごしてしまった。3学期も後3日。最後の締めをしなければ・・・。
[PR]
by mac04 | 2005-03-21 22:26 | 教育

卒業式(No.200)

 3月18日(金)砺波市内の小学校は、今日が卒業式。降ったり晴れたりのはっきりしない天候で、体育館は寒かったけれど、式自体はトラブルもなく晴れやかに終えることができた。これまで高学年の担任が多かったので、一生懸命にお世話をする立場の5年担任としても、ぶじに卒業生を送り出す6年担任としても、この日は、大変にくたびれるけれども充実感のある日だったのだが、去年、今年と今ひとつ終わった実感の湧かない日になっている。立場立場でいろいろな思いがあるものだということがあらためて分かる。まあ、特に今年の場合は今日からデジタル表現研究会の「春の公開研」に出かけなくてはならない、という事情もあったのかもしれない。
 blogの記録もちょうど、200回。タイトルが「卒業式」だったが、blog自体はまだしばらく卒業することはない。
 
[PR]
by mac04 | 2005-03-19 11:00 | 日常
line

小学校教師のつぶやき。昔は情報教育についての話題も発信してました。


by mac04
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー