まこ先のきまぐれラクダ日記

mac04.exblog.jp ブログトップ

<   2004年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

災(No.126)

 災いの多い1年だったけど、また極めつけの災難が起きてしまった。インド洋の津波の被害は、一体どのくらいになるのか見当もつかないらしい。
 何か手助けになることはないかと思うが、今のところはとりあえず祈るしかない。
 何もできないので、今日は、家の大掃除をして年賀状を書いた。今年の災いがすべて消し去られて、来年は幸せな年になるとよいと思う。

 あと2日で今年も終わり。8月から始めたこのblogも今年はこれで終了。明日から年末年始のお休みにしようと思う。新年は4日ごろから書き始めようか。
 読んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。 
[PR]
by mac04 | 2004-12-29 23:04 | 日常

情報教育ソリューションフェア2004大阪(N0.125)

 EPSONスクエア御堂筋で行われていたソリューションフェアに行ってきた。
 27日の午前はSkyのセミナーがあり、ぼくの学校でも来年1月7日に行われる予定のSky Menu ProVer.6の操作講習の予習をした格好になった。説明自体は分かりやすいのだが、聞いただけではすぐに忘れてしまう。どんどん使わないと、結局分からなくなって、宝の持ち腐れになってしまうだろうな。
 午後からは、大阪市立南田辺小学校の山下先生の実践報告を聞いた。シンプルだけど熱心にIT機器を活用した実践を継続していることがえらい。ついつい、派手でめずらしい実践に目がいきがちだが、本当は継続こそが力なのだ。報告の中では、ICレコーダーを利用した実践がおもしろかった。参考にしたい。
 D-projectのパンフレット作りワークショップは、15:45から18:15までの2時間半コース。今回も座間教育研究所の桑原さんとコンビで講師をした。受講者が6人だったので、こじんまりと進めることができたが、やはり時間的にはいっぱいいっぱいで、最後の評価の部分がおざなりになってしまった。コンパクトになおかつ内容をきちんとおさえて進めるのはなかなか難しい。

 さて、今日は日直。今年の執務納めでもある。未提出の仕事を出さないといけないので、まじめに励むことにしよう。
[PR]
by mac04 | 2004-12-28 08:24 | 教育

Adobe Photoshop Elements 3.0(No.124)

 Elements 3.0の体験版を使ってみたが、かなり2.0とは印象が違う。イメージ的には、Elements に Photoshop album がくっついた感じだ。「写真整理モード」が加わって、デジカメのユーティリティーとしての機能が強化されている。
 今までの機能は「写真編集モード」画面の中で実現されているが、サムネール表示のウインドウ(フォトエリア)が増えた分、ノートパソコンなどの小さい画面で作業をするときにはやや見づらくなった。もちろん、表示させない設定もできるのだが、解像度の高い大きなモニターでなら作業がしやすいと感じる。写真編集モードでは、「型抜き」ツールが追加されたのがうれしい。従来はレイヤーを重ねて作業していたものが一発でできるようになった。
 あとはそう変わらないようだが、写真編集モードから写真整理モードに切り替えるときに、一番はじめだけ、「写真整理モードのワークスペースを読み込み中」という表示が出て、かなりそのための時間が必要になる。これは結構待ちくたびれる。
 それから、今までも起動には結構時間のかかるソフトだったが、それがさらに長くなったように思う。従来にもまして、マシンの性能を要求するようになったようである。
 しかし、トータルで見るとやはり、おもしろく進化した。製品版をちゃんと買わねばなるまい。
[PR]
by mac04 | 2004-12-26 10:06 | 教育

情報教育ソリューションフェア2004大阪(No.123)

 <blogはしばらくクリスマス休暇でした。5日ぶりの記事です。>

 中川一史先生のblogでもアナウンスされていたが、今日から、大阪のエプソンスクエア御堂筋で「情報教育ソリューションフェア2004大阪」が始まった。この中では、D-projectの「パンフレット作りワークショップ」も行われるので、ぼくも27日の回に講師として参加することになっている。年末の押し迫った時期だけに、参加者数はあまり多くないらしいが、今年のWSおさめということで楽しんできたいと思う。
 今回のWSでは、実習に使われるソフトがPhotoshop Elements2.0から、10月に発売になったばかりの3.0になるようで、ぼくはまだ実物をさわっていないものだから、知らないソフトでWSを担当するわけにもいかないと思い、事務局から体験版を送ってもらった。これからインストールしてみようと思っているが、パンフレットを見た限りでは、Elements単体としての進化というより、新たに登場した動画編集ソフトPremiere Elementsとの連携がウリのようだ。
 WSは2時間30分しかないので、その中ではもちろん、プレミアとの共用などを提示している余裕はないけれど、そのうち、そういうことを目玉にしたWSも考えられるかもしれない。
 個人的にPremiere Proを使っているが、たぶん、機能の100分の1も使いこなしてはいないだろうな。Photoshop Elementsと Premiere Elementsの共用がとても使いやすいということになれば、乗り換えようかなあ・・・とも考えたりする。
 Photoshop Elementsと Premiere Elementsのセットパッケージがもう少し早く出ていたら、今年のPC室更新の際にきっと入れてもらっていたと思うのだが、残念なことをした。
[PR]
by mac04 | 2004-12-25 17:55 | 教育

結婚式3(No.122)

 東京にいた時間は24時間弱。しかし、人の多いところはやはり疲れる。結婚式自体はチャペルで行われ、20分ほどのセレモニーだった。
 披露宴も、親族だけの夕食会という感じ。形式張ったことはなにもなく、みんなでおいしいフルコースをいただいてきた。自分のときの披露宴とは大違いである。でも、こういうのもシンプルでよい。
 さて、今から、ほったらかしにしておいた学期末の仕事をやっつけなきゃ。今日中に寝ることができるだろうか?
[PR]
by mac04 | 2004-12-19 19:19 | 日常

結婚式2(No.121)

 富山空港を12時35分の飛行機で発つので、そろそろ支度をしようかというところ。美容室へ行った女性陣はまだ帰ってきていないが、間に合うのだろうか?
 式場は、ウエスティンホテル東京だ。ふつうは足を踏み入れることのないリッチなところらしいので、のんびり見学してくることにしよう。時間があれば、隣接する恵比寿ガーデンプレイスも散策してみたいと思うのだが、どうなるか。
[PR]
by mac04 | 2004-12-18 10:04 | 日常

結婚式(No.120)

 ぼくの弟が結婚することになった。明日は東京で式を挙げるので、うち中で大移動をする。
女性軍は、朝から美容室だなんだと大変らしい。今からてんやわんやである。
 明日あさっては、久しぶりにblogもお休みかも。
[PR]
by mac04 | 2004-12-17 21:34 | 日常

サッカー2(No.119)

 することの山が、きのうよりさらに高くなっているのに、懲りもせずまたサッカーを観てしまった。今日は、キリン・チャレンジカップ日本VSドイツ。
 ワールドカップ準優勝のチームとするのだから、どうみても苦戦は必至だ。しかし、前半は0-0で折り返したので、きのうのザスパ草津の例もあるし、「もしや」という期待もふくらんだが、結果的には0-3で負けてしまった。
 中盤でことごとくボールをうばわれていた感じがする。これでは勝てない。日本のサッカーもアジアの中ではだいぶんレベルが上がってきたとはいえ、世界の壁はまだ厚くて高い。
[PR]
by mac04 | 2004-12-16 22:33 | 日常

サッカー(No.118)

 することが山積みなのに、ついサッカーを観てしまった。天皇杯の5回戦。ザスパ草津と横浜Fマリノスの試合である。
 先日、浦和との死闘を制してJ1の年間チャンピオンになったチームとJFLから来季ようやくJ2に昇格することがきまったばかり(らしい。詳しいことはしらないけど。)の草津では、はなから勝負は決まっていると思っていたら、これがどっこい、草津が先制してしまったものだから、さあ大変。
 「判官贔屓」という言葉があるけれど、この試合を観ていた横浜市民以外は、たぶん日本中みんな草津を応援したんじゃないだろうか。日本代表まで上りつめながら、今は弱小チームにとどまっているGKの小島。あろうことか右膝を痛めており、苦痛に顔を歪めながら必死にゴールマウスを守っている姿は、きっと観ていた人を惹きつけたにちがいない。審判の判定もどうもマリノス寄りに見えるし、これはどうあっても、草津を応援せねばならない、とみんな思ったに違いないのだ。
 後半の35分過ぎまで、1-0で草津が勝っていたときは、「もしかしたら」と思ったが、その後同点に追いつかれ、さらにイエロー2枚で2人も退場するという展開になっては、もうこれで終わりかと思われた。しかし、9人で必死に守り、結局、Vゴール方式の延長にまでもつれこんだ。ぼくもそうだが、この時点で「ここまでやれば、もう十分。小島さんも休ませてあげなきゃかわいそうだ。」ときっと多くの人は思ったに違いない。でも、草津のイレブン(もうこのときは9人だけど)はそうじゃなかった。最後まで勝ちにいった。
 そして・・・・、なんとFKのチャンスを生かして、王者マリノスに9人で勝ってしまったのだ。
いやあ~、びっくりした。そして考えさせられた。まさに執念という言葉があてはまると思うけれど、最後まであきらめないとは、こういうことかと思った。
 高額の年棒をもらっているマリノスの選手とはちがい、草津の選手の多くは、草津温泉で働く職員だという。その彼らがここまでやってしまうのだから、もう、なんとも言葉もない。久しぶりに「感動」した出来事だった。
[PR]
by mac04 | 2004-12-15 23:42 | 日常

D-proコンテスト(No.117)

 デジタル表現研究会(通称D-project)のデジタル表現コンテストプロジェクトでは、年に3回の公開コンテストを開催しているが、今年度第3回目(最終回)のコンテストの概要がほぼ固まった。プロジェクトリーダーの山中先生@熊野川小学校を中心にメンバーで意見を出し合って、以下のようなテーマとねらいで行うことになった。
 テーマ フォトポエム「一枚の詩」
       -言葉と写真のコラボレーション。新しい表現へ挑戦!!-
 ねらい
 <表現力>
・見たこと感じたことを表現のしかたを工夫して写真を撮影することができる。
・撮った写真にあわせた短い詩や俳句に表現することができる。
<操作スキル>
・デジタルカメラで撮影のしかたの工夫や画像編集ができる。
<評価力>
・応募された作品を鑑賞し、よさやおもしろさ美しさを関心を持って見ることができる。

 近いうちに、D-proのWebサイトからアナウンスがあると思うので、多くの人に参加してもらいたいと思っている。
 ぼくは2年生の担任だけど、ちょうど国語で、詩の勉強をしたところなので、子どもたちの詩に合うような写真を写させて、コンテストに応募できる作品を作りたいと思っている。低学年の子どもでも参加できる間口の広いコンテストなのだ。
 ちなみに、第2回コンテストの結果が今日公開された。力作揃いである。こちらもぜひ、多くの人に見てもらいたいと思う。
[PR]
by mac04 | 2004-12-14 21:13 | 教育
line

小学校教師のつぶやき。昔は情報教育についての話題も発信してました。


by mac04
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー