まこ先のきまぐれラクダ日記

mac04.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日常( 312 )

ヒスイ海岸(No.440)

 きのうの午後から、宇奈月温泉に出かけた。夏休みの家族旅行はこれが最初で最後。実にプアなバカンスである。
b0013635_20213864.jpg 1泊して今日は宮崎海岸(通称ヒスイ海岸)に寄ってきた。砂浜ではなく小石の海岸である。新潟県境を流れる姫川からヒスイの原石が流れ込むらしい。勉強が嫌いな次男は「将来はトレジャー・ハンターになりたい」なんて言っているくらいだから、こういう一攫千金の宝探しは大好きで、暑い日差しの中で熱心に緑色の石を探していた。しかし、素人にはどれがヒスイの原石なのだか分かるはずもなく(宮崎駅では、駅員さんが1個200円で鑑定してくれるらしいが・・・)、なんとなくそれらしいものを見つけて満足していた。ヒスイにこだわらないのなら、この海岸は「石好き」にはたまらないだろう。ありとあらゆる種類の石がころがっているようにぼくには思えた。
 どういうわけだか、ここの海岸はあまり磯の香りがしなくて、海に入った足もあまりベトベトしない。海水がさらりとしている感じがするのだ。塩分濃度が違うはずもないと思うが不思議なことである。
[PR]
by mac04 | 2006-08-17 20:27 | 日常

職員室から(No.438)

 時々「情報教育」どころか、「時々ブログ」になってしまった。ついに7月は1度も投稿せずじまいで、ブログを書き始めてから初めての月になった。
 今日は8月15日のお盆。朝から首相の靖国神社参拝でメディアは騒がしいが、職員室はいたって静かである。(こんな日に学校に用事がある人はまずいないだろうから。)昔は学校にもお盆休みがあったと思うが、今は通常の勤務だ。もっともほとんどの職員は有休を取って休んでいる。いるのは日直当番くらいのもの。それなりに涼しくて静かだから仕事も進むだろうと思われるかもしれないが、さすがにこんな日には勤労意欲が上がらない。一応、電話番をしつつデスクには向かっているのだが、一向に紀要の原稿を書く気にもならず、かといって甲子園を観るのも気が引け(管理職も一人いるので・・・)、仕方なく、こういうことにあいなっている。b0013635_1543123.jpg 教室の整とんもしたいのだが、何しろこう暑くては大変だ。特に3階はひどいことになっている。1学期末に時間が余った子供たちが粘土遊びをしていたのだが、それを片付けないままになっているので、においもすごい。油粘土というのはこんなににおいのするものだったか?とはいえ、作品自体はかわいらしいものが多い。5年生でも粘土遊びが楽しいのだというのはちょっと意外だったが、陶芸に凝る大人がいるのだから、当たり前と言えば当たり前か。
 どうしようかと思ったのだが、これからのいろいろな活動のことを考えて、作品を写真に撮り、こちらで粘土は片付けることにした。そう言えば、何年か前までは、図工の作品などは必ずデジカメで撮って、学校Webにデジタル美術館などと銘打ってアップしていたこともあるが、近頃ではそうした活動をする意欲も萎えている。いかんいかん。
[PR]
by mac04 | 2006-08-15 15:14 | 日常

砺波市小学校連合運動会(No.436)

b0013635_23224066.jpg 今日は市小学校連合運動会。やや肌寒い天候だったが、陸上競技には絶好のコンディションだった。結果は、申し分なし。子供たちは本当によくがんばってくれた。
 400m混合リレーは1位!正直言うとびっくりした。ある程度の記録は出ると思っていたが、ここまで伸ばしてくるとは・・・。子供たちの力に脱帽だ。砺波市での教員生活は15年目になるが、そのうち連合運動会に出る高学年の担任は11回目。リレーでのトロフィー獲得は2回目だ。今日はなによりそれがうれしかった。
 競技種目は各学年男女6種目(100m、80mH、1000m、ソフトボール投げ、走り幅跳び、走り高跳び)とリレーで、計13種目で1位が決まる、そのうち、リレーを含め4種目でうちのクラスの子供たちが1位をとった。市内で最も小規模な学校の子供たちがである。これを快挙といわずにいられようか。
 今日はもう、うれしくてついつい飲み過ぎてしまった。明日からまた普通の学校生活が始まるのだが、しばらくは平常心に戻れないかもしれない。
[PR]
by mac04 | 2006-05-30 23:37 | 日常

学年Webページスタート(No.435)

 まる2週間blog書きをしなかった。日曜日の運動会を挟んでの2週間である。運動会前は、それに向けて手一杯だったで、運動会後はくたびれ果てて、といったところだ。
 この土日は少しゆっくりできたが、提出しなければならないものたくさんあり、煩わしかった。そのうちのひとつが「富山型学校評価」などと呼ばれている自己評価用紙だ。勤務評定には使わないという話だが、どうも胡散臭い。手間の割に効果が期待できそうにないところも気になる。今年は試行だということだが、それこそどういう評価がされるのやら。

 学校Webサイトのうち、5年生のページをようやく立ち上げた。情報教育担当を外れたので、お手本を示すという任務がなくなったものだからちょっとさぼってしまった。これから動き出すので、まだほんの数ページだけの立ち上がりになっているが、ご覧いただければありがたい。
[PR]
by mac04 | 2006-05-28 16:46 | 日常

市スポ少結団式(No.434)

 9:00砺波市スポーツ少年団結団式。その後各種目ごとの交流大会。バドミントン、バレーボール、野球の3会場で応援してきたが、どの競技でもクラスの子供たちが一生懸命にがんばっている姿をみることができてうれしかった。試合の時間などの都合でサッカーだけ見に行くことができなかったのだが、聞くところではゾーンで優勝したらしい。雨の中みんなおつかれさま。
[PR]
by mac04 | 2006-05-13 20:36 | 日常

田植え(No.432)

b0013635_21174584.jpg 総合的な学習の時間に学校田の田植えを行った。5年生の子供たちに任されているのは、0.5haほどの田んぼのうちの3aほど。はだしになり、慣れない手つきでコシヒカリの苗を植えた。農家の苦労を体験するとか、昔の農作業の苦労を体験するとかというねらいはあるのだが、この程度の量の作業では大変さなどわかりっこない。本物体験には違いないが、体験を通して分かることはきわめて限られたことだけだ。実際に植えるのは20分ほどで終了してしまい、あとは残った部分に田植機で苗が植えられる様子を観察したり、田植機に同乗させてもらったりした。作業の感想が「田植機に乗って楽しかった」ということばかりにならなければよいのだけど。
[PR]
by mac04 | 2006-05-11 21:27 | 日常

公民館専門部会(No.430)

 19:00から般若公民館専門部会。今年度の行事を詰めるための会合だ。いくつか復活させた行事もあり、今年は忙しい1年になりそうである。いくつも特徴的な行事はあるのだが、特に他の公民館ではあまり行っていないのが、軽登山(トレッキング)だ。今年は赤摩木古山(あかまっこ)に登る予定。越中の百山(123座)の第118番に位置付いている山である。
b0013635_2341547.jpgここ数年晴れたことがないので、今年こそすっきりと晴れてほしい。20:30ころから懇親会。22:30頃に帰宅。気のおけない仲間との飲み会は楽しい。
 
[PR]
by mac04 | 2006-05-09 23:38 | 日常

ブログで(No.427)

 先日、「偶然ブログを見たのですが・・・」とメールをもらった。なんとぼくが大学を出て初めて勤務したときのクラスの子どもからだった。今から23年も前のことだから、メールをくれた「子ども」といっても、現在は33歳で、2児のママだそうである。しかし、びっくりした。4年生を1年間だけ担任した子だったのだが、、20年以上経って限られた情報しかないブログの文面からぼくを特定してくれたのだから。びっくりしたと同時にうれしかった。何度かメールをやりとりするうちに、その当時のことがいろいろ思い出されてなつかしくなった。若かったしいろいろ無茶もしたけれど、教師という仕事がとても楽しかった。先日もコメントをくださったOZZY先生ともそこでの同僚で、八尾の和紙を教材化するために一緒に取材に出かけたりした仲である。少し年上のOZZY先生は今でも情熱的で時間かまわず仕事に打ち込んでおられるが、ぼくはというと、少々お疲れ気味で、授業がうまくいかなくなってきているのをついつい最近の子供たちの変化のせいだと責任転嫁しつつ、自分の努力をしなくなってきている。たまたまこの時期に教え子からメールをもらったのも、「初心を忘れず励みなさい」という神様の声なのかもしれない。
[PR]
by mac04 | 2006-05-07 09:09 | 日常

子どもの日(No.426)

 5連休の中日は「子どもの日」。出不精の息子どもは放っておいて、3番目の娘を連れて金沢へ出かけた。はじめは金沢21世紀美術館。入場券を買うのに15分ほど待たないといけないくらい混んでいたが、中に入ってしまうと比較的ゆっくりと回ることができた。しかし、現代アートというのはよく分からない。分かろうとしない方がいいのかもしれないが、ぼくらぐらいの歳になるとどうしても作品に自分で納得できる解釈をしたくなる。今日は、どの作品を見てもそれができなかったので、???だらけで引きあげてきた。小6の娘の感想も同じようなものだった。親に似て頭が固いのかもしれない。
 昼食をとってから石川県立歴史博物館に向かう。兼六園のすぐそばにあるにもかかわらず、さっきまでの人混みと喧噪はどうこへやら。ここでは、実に静かな時間を過ごすことができた。6年生の社会科に役立つだろうと思って行ったのだが、それなりに娘も興味をもったらしい。親たちはくたびれ果てて椅子に座り込んでいたが、結構一人でいろいろ見回っていた。午後3時過ぎに金沢を出発。新しい道路(山側環状)ができたおかげで、渋滞にも遭わず小1時間で自宅まで帰り着くことができた。
-------------------------------
 夜は近所の悪友連中と近くで久しぶりに一献傾ける予定。2年ほど海外へ出向していたやつとも再会できそう。 
[PR]
by mac04 | 2006-05-05 17:24 | 日常

そうじ(No.425)

 連休の初日。仕事部屋の片付けをすることにした。とくに居心地が悪いわけではないのだがなんとなく雑然としているのですっきりさせたかったのだ。それほど大幅に模様替えをしようとしたわけではないのだが、とりあえず部屋の中のものを一度全部だそうと思った。しかし・・・、9時から始めた作業がお昼になっても終わらない。原因ははっきりしている。モノがありすぎるのだ。その筆頭は本なのだが、その他ありとあらゆる雑多なモノがごちゃごちゃとある。なぜかといえば、ぼくは捨てるのが下手だからである。もともと本を捨てるという発想は毛頭ないので、それはたまる一方なのだが、それ以外のどうでもいいものもなかなか捨てられず、ついついたまってしまうのである。モノがたまるとそれを入れておくための棚やらケースやらも必要になる。そうしてどんどん部屋が狭くなるのだ。最近はとにかく上に上にと積み上がり、壁際は天井近くまで空きスペースがなくなるくらいになっている。まあ、そういうものを全部一度から出そうなどと考えたのが間違いのもとだった。結局、半分くらいでやめて、車庫やら納屋やらにおけそうなモノはそっちへ移し、本はできる限りしばって蔵へ入れた。そうして復元作業を始めたのだが、なんとか一段落付いたのは午後6時30分。丸一日の仕事だった。しかし、あまり朝と変わっていない。あんなに外に出したものは、いったい部屋の中のどこに収まっていたのだろう?
 片付けついでに今から机の引き出しと小物入れの中などを整理しようと思う。昔捨てられずにとっておいた食玩なんかが出てきて、ちっとも整理が進まないのでは・・・と始める前から心配になっている。
[PR]
by mac04 | 2006-05-03 19:38 | 日常
line

小学校教師のつぶやき。昔は情報教育についての話題も発信してました。


by mac04
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30