まこ先のきまぐれラクダ日記

mac04.exblog.jp ブログトップ

コンピュータ室を使ってみた(No.74)

 2週間前から工事をしていたコンピュータ室がようやく使えるようになった。まだ市の検査を終えていないので、正式にではないけれど、授業には使ってもよいということだったので、今日、2年生がこけら落としの授業を行った。
 今日、11月1日は、平成の市町村合併で富山県内では初の合併となる、新「砺波市」の誕生の日だ。1時間目にはお祝いの全校集会を行い、2時間目には各学級で、新市についての学習を行うことになっている。そこで、2年生はコンピュータ室を使って勉強することにしたのだ。
 はじめに、グレー1色に加工した新市の市章を提示した。その形が砺波市の新しいマークであることは1時間目の集会の中でも紹介されている。それに、自分なりの思いを込めて色を塗るという活動をした。本当の市章の色とは違っていてもかまわないのだ。新しい市がどんな市になってほしいかという願いを色に表してほしかったのである。使ったソフトは新しく入れてもらったAdobe社の「Photoshop Elements2.0」である。そんなに簡単なソフトではないが、自分で色を決めて形を塗りつぶすくらいの作業なら2年生でも苦もなくできる。塗りおえたらプリントアウトして、どうしてその色にしたのかという理由を鉛筆で書き込む。
b0013635_22221872.jpgb0013635_22351315.jpg キーボードで文字を打ち込むことは、2年生にはまだ大変だからだ。最後に、自分の配色した市章を見せながら、色に込めた願いを発表し、実際の市章の色と比べながら、そこにいろいろな願いが込められていること、自分の願いとも共通点があることなどを学んで終わった。
 今日のコンピュータ利用は、色鉛筆やクーピーを使うよりはるかに簡単にきれいに色が塗れること、何度でも塗り直して自分の思うようなデザインにできることなど、デジタルの長所を利用したもので、とくに情報教育のねらいがどうこうということは考えていない。それでも、そういう便利さを多く経験することで、IT機器の日常的な利用も進むのだろうと思っている。
 放課後の研修会でも、新しいコンピュータ室の基本的な使い方を職員に説明した。せっかく大きな予算をかけて導入したものだから、ぜひ、使い倒してもらいたいものだ。
[PR]
by mac04 | 2004-11-01 22:35 | 教育
line

小学校教師のつぶやき。昔は情報教育についての話題も発信してました。


by mac04
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31