まこ先のきまぐれラクダ日記

mac04.exblog.jp ブログトップ

26. 命について 

 3年生のクラスの子どもの父親が亡くなった。当然、ぼくよりもまだかなり若い方だ。残された子どものことを考えると、胸が痛む。今日は、学校中が沈んでいた。人の命は、その人だけのものではない、ということを強く感じた。
 一方で、ニュースでは、あまりにも人の命を軽々と奪ってしまう寒々とした事件が次々と報じられている。これは一体どうしたことなのか。身近な人の死を悼み、残された人の悲しみを思いやることができるのが普通の人間ではないか。それなのに、一方で、自分の都合だけで、他人の命を奪ってしまうことができる人間もいるのはどういうことなのか。
 これがもし、教育の力によるものであれば、ぼくたちはその責任の重さをもっともっと自覚しなくてはならない。「相手のことを思いやる」「命の大切さを理解する」などということが、お題目的にではなくて、本当に一人一人の子どもの心に沁みるように、全精力を傾注しなくてはならない。

 亡くなったのは、ぼくと同郷の人で、中学校の後輩だった。少なからず面識もあった。それだけにつらさも大きい。ご冥福を祈りたい。 
[PR]
by mac04 | 2004-09-14 21:42 | 日常
line

小学校教師のつぶやき。昔は情報教育についての話題も発信してました。


by mac04
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31