まこ先のきまぐれラクダ日記

mac04.exblog.jp ブログトップ

iPhoneは美人なのだが

 リンゴ印の道具はどれもデザインが優れているけれど、iPhoneは際立って美人だと思う。あまりに美しいので買ってしばらくはさわることも遠慮がちだった。小さなキズでも付くのがいやだからケースに入れたいのだが、そうするときれいな姿が見えなくなってしまう。やっかいだ。結局タッチ面に保護シートを貼っただけで使っているけれど、キズをつけない方をとるか、いつも見える方をとるかというのは結構究極の選択だった。実は透明なプラスチックケースに入れてみたこともあるのだが、これは手に持ったときの質感が極端に安っぽくなってしまって、電話として使うことを考えるとどうにもいただけなかった。あまりに美しすぎると扱いに困るのは人間の場合も同じなのかもしれない(幸いにもあまりに美しすぎる美人とは縁がないので本当のところはわからないけれど)が、それがまた美しいものを持つ楽しみだともいえる。すでに1年以上使っているけれど、ちょっとした不注意ですり傷をつけてしまったときには、そそかしい軽率な行動を大いに反省したし、誤って床に(それもコンクリート!)落としてしまったときには心臓がひっくりかえった。精神衛生上はあまりよくない道具だ。
 見事な流線形のデザインはひっかかりが全くといいほどないのでよく滑る。ノートの上に置いて運んでいるときは、ほんの少し傾いただけで滑り落ちたし、ハンカチにくるんで持っていたときはハンカチの上から握っていたにもかかわらずすり抜けて落ちた。大事なものほど失くしやすいというのと似ているかもしれない。こうして見えない程度のキズやよく見えるキズが増えてくると、いかに美しい道具といえどもそれほど腫れものにさわるように扱うということはなくなってくる。「美人は3日で飽きる」というのと理屈は似ているのかもしれない。とにかくiPhoneは手あかがつこうが何だろうが、素手でわしづかみにして扱わないといけないのだということが分かった。こうして大事にしていた(?)にもかかわらず、昨日からメールの返信ができなくなってしまった。返信画面で5文字ほど打っていると、一瞬フリーズしてひとつ前の画面に勝手に戻ってしまう。おいおい、一体どうしたというのだ。やっぱり美人は扱いにくい。
[PR]
by mac04 | 2009-11-14 17:02 | mono
line

小学校教師のつぶやき。昔は情報教育についての話題も発信してました。


by mac04
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30